徹底解説!Webアプリケーション開発6選

Webアプリケーション開発を行う

thumbnail Webアプリケーション開発を考えていても、どこの業者に発注をするべきなのか分からずに悩んでしまう、ということもあるでしょう。そんな時には実際に発注をしたことがある人のクチコミをチェックできる比較サイトを参考にしてみるとよいでしょう。

またどんな手順で発注をするべきなのか、その方法まで分かるようになっているので、Webアプリケーション開発に悩んでいる場合にもその悩みを解消させることができます。事前にインターネット上で大体のことが分かってくれば、安心をして利用をすることもできるようになります。

どんなWebアプリケーション開発を行うのか、ということによってもコストが変わってくることもあります。実際に発注をする前に見積もりを出してもらうことも可能です。他にもアフターフォローをしてくれるところを利用すると何か戸便利です。

住友電工情報システム

公式サイトはこちら

社内ツールを利用して作成した情報を最終的に帳票にまとめる作業があるかもしれません。住友電工情報システムのWebアプリケーション開発であれば、情報から帳票にまとめる運用が容易で、ワープロや表計算などへの加工も簡単です。

Webアプリケーションを運用するとき、人によって使える機能を変えたり使える人を制限したいときがあります。住友電工情報システムなら権限を付加した運用が可能です。権限を後からつけたり、逆に外したりなども行えます。

アプリの開発では仕様書が重要になります。住友電工情報システムのWebアプリケーション開発のツールなら容易に開発ができ、さらに運用面では仕様書を簡単に出力できます。仕様書を自動的に作成してくれるツールが搭載されています。

マジックソフトウェア

公式サイトはこちら

マジックソフトウェアの提供するツール「Magic xpa Studio」なら一つの開発環境と開発手法でクライアント/サーバ、Webアプリケーション、RIA(Rich Internet Application)、モバイルRIAを構築できます。

マルチデバイスに対応するWebアプリケーション開発の需要が増えていますが、マジックソフトウェアでは一つのツールでOS、機種を問わず稼働するアプリケーションを作ることが出来ます。また、そのツールを使用するのに複数の言語を理解する必要もありません。

マジックソフトウェアが提供するツールの使用方法について、各種サポートも実施しています。無料の自習教材の提供、講義形式のトレーニング教室、インターネットさえあれば利用できるWebセミナーなど、利用者のニーズに合わせたサポートを実施しています。

大塚商会

公式サイトはこちら

大塚商会は、ITを利用している企業を元気にしてくれます。Webアプリケーション開発や環境を整えたい方、それから今からITの導入を検討している方や、商品開発を検討している方に役立ちます。また、オフィス用品や介護用品を通販で買う事が出来ます。

それから大塚商会なら、ITでトラブルが起きた時の解決方法や、サポートをしてくれるので、あまり知識がない企業の方でも安心して利用する事が出来ます。また、オンラインでセミナーを行っているので、わざわざ会場に行かなくてもセミナーへ参加する事が出来ます。

また、大塚商会なら身近なITで働き方を改革する事が出来るだけでなく、今さら聞けない常識も無料のイーランニングを利用して自分で勉強をする事が出来て便利です。また、おすすめのパソコンも購入する事が出来ます。

株式会社ジークス

公式サイトはこちら

株式会社ジークスはWebアプリケーション開発を行っている会社です。設立1994年と若い会社ではありますが、実績を積んでおり、どのような企業に導入をしていったか一目瞭然です。アプリケーション開発のフレームワークをリリースしているのが強みのうちの一つです。

一番の強みはHTML5に関する知識量です。登場初期から社内での研修を行い、スキルアップに取り組んでいます。技術講習会を行っているからこそ、質の高いアプリケーション開発を行うことができ、お客様の要望を細かく聞き取り、実現を可能にしています。

HTML5を使用することで、オフラインで動作するアプリケーションの開発に成功しています。オフラインでの需要が高いニュースサイトのアプリケーションを開発するのには必須の技術です。また、データベースとの連携も行っているので、ユーザーを大量に獲得できるゲームアプリケーションの開発も行っています。

株式会社エスエヌシー

公式サイトはこちら

株式会社エスエヌシーはWebアプリケーション開発として、デザインからシステム開発、そして保守やインフラ構築まで全てをワンストップで行うことにより、スピーディーでありミスのない仕上がりにすることが可能となっています。

Webアプリケーションを中心として、顧客サービスの向上をさせることができるのはもちろんのこと、業務改善を目的としたソリューションの提案や構築となっているので、業務の効率化にもつなげることができるようになります。

株式会社エスエヌシーでは、Webアプリケーション開発とし、言語など様々な点で相談があった場合でも、メールや電話で気軽に問い合わせることができ、迅速に対応してもらうことができます。

株式会社アニー

公式サイトはこちら

企業やスポーツチーム、店舗などではそれぞれホームページを導入している所も多くなってきました。ご自身で作成できない場合も専門業者に委託してクオリティの高いホームページを作る事が出来ます。中でも人気を集めているのが株式会社アニーです。

他の業者でホームページを作る場合は更新依頼を行い、HTMLファイルを書き換えなどの工程を経てから完了となります。しかし、株式会社アニーではCMSによるデータ管理方法でホームページを更新する為、素早い対応が可能となっています。時間のロスを大きく無くす事が出来るのが魅力です。

ホームページを作る上で大切なのが多くの方々に見てもらう事です。その為のSEO対策は勿論、風評被害等による逆SEO対策なども相談する事が出来ます。ニーズに合わせたWebアプリケーション開発を行ってくれるので、現在ホームページを持っている方も相談してみてはいかがでしょうか。

Webアプリケーション開発をツールで効率化する

Webアプリケーション開発は、やや期間が長引いてしまう場合があります。特に何もツールを使用していない時は、その傾向が顕著です。ツールを何も使用していない状態なら、開発を手作業で進める事になります。手作業は、あまり効率的でない事も多いです。例えばソースコードです。アプリケーションを開発する為には、複雑なソースコードも入力する必要があります。しかしソースコードの知識を覚えるのも大変ですし、かなり長文になってしまう事が多いので、開発に時間がかかる訳です。それと、情報共有の問題もあります。スタッフ同士で情報共有できていなければ、開発に時間がかかってしまう傾向があります。その点ツールは大変便利です。ツールには様々な自動機能が完備されていますから、短期間で開発が完了する傾向があります。

例えば上述のソースコードです。ツールを使用しなければ、そのコードも手作業で入力する事になります。しかし開発ツールによっては、ソースコードを自動作成してくれる機能が備わっています。クリックするだけで、非常に速やかにソースコードを作り出してくれる訳です。ただ自動作成されたコードは、完璧であるとは限りません。ですから一旦作成されたコードには、手作業で修正を加えていく事もあります。それでも自力でソースコードを作成するよりは、遥かにスピーディーです。またツールによっては、Webアプリケーション自体を作成してくれる機能があります。簡単な操作だけで、アプリケーションそのものを作ってくれる訳です。ですからスピーディーに開発作業を完了したい時には、ツールの導入がおすすめです。

ただしWebアプリケーション開発に関するツールは、できる限り慎重に選ぶのが望ましいです。ツールと言っても、実に様々なタイプがあります。ソースコードを自動的に使ってくれるツールもあれば、オンプレミスやクラウド対応などの違いもあります。それぞれ性能は異なる訳です。それと費用の問題があります。確かにツールは大変便利ですが、それを使用したいなら費用も支払う事になります。ツールによって料金は異なりますし、慎重に比較しておく方が無難です。基本的には、体験版を活用してみるのがおすすめです。各ツールの体験版を使い比べてみるだけでも、随分選びやすくなる傾向があります。また各社から資料を請求してみて、各ツールを比較してみる方法もあります。開発作業を効率化する為にも、各社のツールを比べてみると良いでしょう。

カテゴリー