徹底解説!Webアプリケーション開発6選

home > Webアプリケーション開発について > 初心者であってもWebアプリケーション開発は可能

初心者であってもWebアプリケーション開発は可能

 初心者であってもWebアプリケーション開発は可能です。
必要の知識はHTMLです。
Webサイトに情報として公開する文字や画像などを表示するための言語です。
普通にWebページを閲覧している分には言語は見ることはできませんが、画面上でマウスを選択し右クリックするとページのソースを表示を押すと、英語や数字の文章の羅列を見ることができます。
この文字の羅列がソースコードと呼ばれ、Webでの表示や動きの指令を出しています。
HTMLはひとつではなく複数種類があり、使えるタグが違うため使いたいタグによって種類やバージョンの確認が必要です。
他にもWebアプリケーション開発にはCSSの知識が必要になります。
CSSはサイト上に表示された文字の大きさや色を整えて、サイトの見えかたをよくします。
見出しやヘッダ情報などの公開するWebページの骨組みを組んでいるものがHTMLで、見た目を良くする整える役割がCSSにはあります。

 閲覧している人がボタンを押したり、マウスのカーソルを対象物に重ねて処理をするマウスオーバーをしたときにはJavaScriptという言語を利用します。
JavaScriptを組み込んでいることによって、情報を提供をしているサービス側と閲覧・利用しているユーザー双方に欠かすことができない言語です。
サービスを提供する側としてJavaScriptを設置し、ユーザーはアクセスしたときにJavaScriptを設定した場所にて、指示されたことを行動することによって動作を実行していきます。
他にもWebアプリケーションワークフレームやデータベースを使って、開発していきます。
Webアプリケーションを作成するときには、企画してから設計そして開発していくことが一般的です。
企画をするときには、どんなユーザーがいつ使用するかを検討しターゲットを決めます。
決定したターゲットからアプリの構想を組んでいきます。
設計はサイトマップやワイヤーフレームを作っていきます。

 サイトマップはサイトやアプリのページを作っていくかを図に表すことです。
この図を作ることによって、不要なページや必要なページを具体的にすることができます。
サイトマップがあることによって複数の人が開発に携わっているときに共有情報として大変役立ちます。
ワイヤーフレームはサイトマップよりもさらに細かくした図です。
ワイヤーフレームを作成しておくことによって、イメージを詳細に表すことができます。
Webアプリケーションを作ったらリリースして、どんなユーザーでも使えるようにしておきます。
リリースするためにはサーバーで運用していきますが、運用するためのコストやサーバーを準備するコストを踏まえるとレンタルサーバーの利用がおすすめです。
実際にリリースするときには、独自ドメインの取得も必要になります。

次の記事へ

カテゴリー