徹底解説!Webアプリケーション開発6選

home > Webアプリケーション開発について > Webアプリケーション開発とスマホアプリの開発の基礎知識

Webアプリケーション開発とスマホアプリの開発の基礎知識

 スマートフォンへインストールして利用する多種多様なアプリケーションソフトが注目されています。
いつの日か自分自身でもアプリケーションソフトを作り上げてみたいと考える人は少なくありません。
近頃ではアプリケーションソフト開発の勉強会並びにセミナーが事あるごとに開かれ、一個人がWebアプリケーション開発をすることは身近に変化しています。
アプリケーションソフト開発はとても難しいものではありません。
コンピューター言語の基礎部分であり、相対的に修得しやすいHTML、あるいはCSSそして、JavaScriptを学習すれば、Webアプリケーションにとどまらず、スマートフォンアプリケーションソフトに関しても作り込むことができます。
実際に多くの方が現実に開発を行っています。

 Webアプリに関しては、Webブラウザを利用して動かすアプリケーションになります。
ブラウザがインストールされているコンピューター端末ならば、端末に対してアプリをインストールしないで、どういった端末からでもWebアプリケーションソフトを使用することができます。
Webアプリに関しては、サーバーサイドで動くプログラムとブラウザ上で動くプログラムが通信を実施することにより動作することになります。
サーバーサイドは、PHP、あるいはJava、クライアントサイドはHTML、あるいはCSS、JavaScriptなどで開発されることから、WebのテクノロジーをWebアプリの開発に活かすことができます。
HTML5それから、CSSやJavaScriptなどWebに関して総じて会得した方であれば、HTML5ハイブリッドアプリ開発フレームワークによるスマートフォンのアプリの開発ができます。

 開発フレームワークを使いこなし、HTML、あるいはCSS、JavaScriptによって開発されたスマートフォンのアプリをHTML5ハイブリッドアプリといいます。
iOSアプリもしくはAndroidアプリといったネイティブアプリに関しては、プラットフォーム同士で互換性が無く、iOS並びにAndroidなどプラットフォームが異なってくる周辺環境では動きません。
通常の場合、iOS及びAndroidの双方でアプリケーションソフトを利用したい場合、iOSアプリとAndroidアプリを区分けして作ることが欠かせません。
しかしながら、HTML5ハイブリッドアプリ開発フレームワークを用いることにより、Web技術を利用して開発に取り組み、作り上げたプログラムをiOSアプリ及びAndroidアプリにチェンジすることが可能です。

カテゴリー